おしゃべりのロビンちゃん

ロビンちゃんは、12歳になる柴犬の女の子です 副腎のホルモンの病気で、ずっとお薬を飲んでいます

robin.jpg

ロビンちゃんは思っていることがよく顔にあらわれる子で、何を考えているのかがいつも伝わってきます

例えば、血液検査をするときは 採血のために針を刺します

ロビンちゃんはとてもおとなしく、じっと我慢しているのですが・・・  お顔では・・・ 

「痛いの 嫌い・・・ 早く終わらせてよ・・・」  と 横目でじーっと見つめています

診察室が全部終わって、受付で飼い主とお話をしていると・・・

ロビンちゃんはドアの前に行き、飼い主さんの顔を見つめ・・・

「終わったんでしょ 早く帰ろうよ」 と言っています

 

そんなロビンちゃんがとてもかわいくて、その表情に笑ってしまうこともあります

(ロビンちゃんは 必死に伝えようとしてるのに 笑ってごめんね

次に会うときは、どんな会話がでてくるのでしょうね すごく楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です